あおもりの在野政策研究者のオピニオン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
自由訳 イマジン
自由訳 イマジン (JUGEMレビュー »)
ジョン レノン,オノ ヨーコ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
地球46億年全史
地球46億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード・フォーティ
RECOMMEND
生命40億年全史
生命40億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード フォーティ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
TPP賛成論〜ディベートのために〜
体調悪化のため、記事掲載が滞り、ご心配をおかけしています。
今後も断続的になるでしょうが、マニフェストラウンジでの議論の紹介を中心に、ときどき続けていくことにしたいと思います。  

「市民とマニフェスト:あおもり研究ラウンジ」では、いまも、月1〜2回ペースで定例会を開いています。先日、02/18(金)には、農業県青森として、しっかりと理解を深める必要のあるTPP(環太平洋パートナーシップ協定)について議論を交わしました。

今回は、その際に整理した「TPP賛成論〜ディベートのために〜」を掲載します。

続きを読む >>
| C.政治・政策形成一般 | 13:52 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
代表選結果から、これからの経済社会を考える。

  入院加療のため、長くお休みをいただきました。ご心配をおかけしましたが、無事生還しました。

  まだ、体力・集中力が十分でないため、当面は「市民とマニフェスト:あおもり研究ラウンジ」の定例会での問題提起やそこでの議論を抄録する形でブログを再開したいと思います。どうしても、論旨展開がていねいではないものになりますが、お許しください。

  今回は、09/24(金)に開催した月例会で行った、民主党代表選とその結果の評価についての、私の問題提起を要約します。)


1.政治空白は当たらない。


(1)民主の代表戦は、基本路線の論争になった。代表戦の形で路線選択の公開論争を行い、それに決着をつけることは政治空白ではない。路線選択を公開でやらずに政府(行政)実務ベースに戻る日常が政治と思い込み、路線選択論争の期間を空白ということは、官僚政治に慣れきった固定思考である。そして、党内路線論争をコップの中の争いというのは、世論の意図的ミスリードである。

 (代表戦の間、内閣が機能不全になったとしたら、それは官僚主導を批判し、「政治主導」を掲げて組閣したはずの、新与党としての未成熟だろう。)

続きを読む >>
| C.政治・政策形成一般 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
現場とネットを重ねあう「会話」と「熟議」へ

「つながり」の現代史

これまで、このブログで(陸奥新報の「時事随想」でも)、「つながり」について繰り返し書いてきた。地域や家庭のつながりが崩れて不幸をもたらしていること、一方,行政依存や経済主義ではない、人と人との新しいつながりがこれからの希望であること,だがそれには手法の蓄積や忍耐力がいること、などだ。

このテーマを繰り返してきたのは、私自身がこの10年以上,青森をフィールドにして、人と人,地域と地域のつながり(広義のコミュニティ)を支える手法や仕組みづくり,その現場研究を主な仕事にしてきたからだ。県のボランティア条例の立案や青い森ファンド(公益信託・青森県ボランティア基金)の運営といった具体化作業にも携わってきた。

続きを読む >>
| A3.市民活動系 | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
ハーフパイプ

突飛なヤツでいいじゃないか


決勝では果敢にトライして失敗してしまったが、国母君と青野君のハーフパイプには魅了された。わずかな幸運があればメダルも十分にあっただろう(もちろん、ショーン・ホワイトはすごかった)。


もし彼らに幸運の女神が微笑んでいたら、バッシングに走るモンスターペアレントのような最近の世論や、メディアのあり方に反省が生まれただろうか。見てみたかった気もするが、あまり信用できない気がする。

続きを読む >>
| C.政治・政策形成一般 | 01:10 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
「ワーク・ライフ・バランス」の現実

青森県が「男女共同参画に関する意識調査」をまとめた。調査の実施は昨年の秋である。2003年以来2度目になる。私は前回に引き続き、この調査の設計と分析に携わった。

女性の職業、家事・育児の役割分担について、男女の捉え方の違いはいまも小さくない。例えば、「今後、男女が社会のあらゆる分野で平等になるために重要だと思うことは何」の設問に対し、女性は、各項目とも、男性より「とても重要」とする比率がはっきりと高い。なかでも「女性の就業、社会参画の支援」「男性の家事・育児学習」「女性への偏見や固定的な社会通念などの改革」についてそうである

続きを読む >>
| B5.地域再生系 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
マイクロ商圏の発想

「歩いて買いものをする権利」

野菜、果物、肉、魚などふだんの食材が買える住宅街のスーパーや魚菜市場は、日々の暮らしに欠かせないものだった。ところが、それは次々に消えている。10年で2軒に1軒以上のスピードだ。そのしわ寄せを、車を持たないお年寄りがもろに受けている。

ずいぶん多くのお年寄りが「歩行補助・買い物カート」を30分も押して買い物に出かけている。他方、近隣の農家主婦が軽トラックで野菜を住宅街に運んできている。道ばたの即席商店もかなり盛況だ。つまり、現実にかなりの需要はある。だが、そこで成立するビジネスモデルが見いだせていない。

続きを読む >>
| B5.地域再生系 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
「シマおこし」の心

粘り強く、二兎でも三兎でも追う。

沖縄の「シマおこし」を学びはじめて四半世紀がたつ。訪れた竹富島には、小さな私設のものだが、笹森儀助(*1)の業績記念館があった。

「シマおこし」の「シマ」は島(アイランド)ではなく、地域共同体のことだ。やくざの「シマ(縄張り)」の意味合いにむしろ近い。石垣の若ものは「シマおこせるようになって一人前」と言われるそうだ。コミュニティへの責任ある貢献、それが大人と子どもの分かれ目とされているのである。
続きを読む >>
| C.政治・政策形成一般 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
中川昭一君を悼む。

今日は、個人的な感慨と記憶を書きとめておきたい。いつの間にか大物政治家と言われるようになって久しかった故人だが、私の気持ちのなかでは、いまも昭一君であり、昭ちゃんなので、失礼を承知で表題とした。

彼の父、中川一郎氏が自殺した後を継ぎ、83年の総選挙が初当選だった。以来1/4世紀以上が過ぎた。8回も総選挙があったのかと自分と彼の年齢を思い、この間の日本の政治や政策変遷の時間の長さ(必要な変化まで、あまりに長い時間が必要だった)と、しかし、その流れる早さとを思う。


続きを読む >>
| C.政治・政策形成一般 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
「ひもつき」から「一括」へ

政権交代と市長選

政権交代の熱波もさめないうちに、県内では八戸の市長選が10/24に近づいている。来年春4月の弘前市長選の行方も、葛西副市長の辞職と立候補表明で一気にきな臭くなってきた。再来年には知事選も控えている。民主党が対抗馬をたてることは確実だろう。

私は、これから続く自治体選挙では、今回の政権交代の意味をどう受け止めるか、それが、隠れた大きな争点だと思う。陳情の持って行き先をどうするか、といった下世話な話ではない。民主党を中心とした新政権が、総選挙のマニフェストで掲げた「地域主権」に向かって、制度改革を着々と準備しているからだ。

(なかなか予定通りのブログ執筆ができない。今回は、「市民とマニフェスト:あおもり研究ラウンジ」次回10/07(金)の定例会に向け簡単な整理をしたので、これを先に掲載した。次回定例会は、「新政権の『地域主権』政策と八戸・弘前の市長選」をテーマに議論の予定だ。関心のある皆さん、どうぞご参加ください。)


続きを読む >>
| A1.選挙系 | 03:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
成長戦略を論ず−4.GDP指標で危機を見る。

間もなく樹立される民主党の新政権がどのようなマクロ経済運営の課題に直面しているのか、そしてそれをこなしていけるのかを、引き続き考える。そのために、まず、これまでの自公政権のマクロ運営の結果、日本経済がいまどういう状態に至っているのか、GDP関連指標で検証する。

この20年間のマクロ政策と経済成長の関係を改めて確認すると、国民的に、またメディアの世界で横行し、ままエコノミストもとらわれている「共通理解」がかなり事実と異なること、その誤った前提のために、成長戦略(そして、当面の景気政策)の議論が非常に歪んできたことが分かる。

例えば、バブルとその崩壊が現在までの日本経済低迷のきっかけであり、それ以降の低成長や転落はやむを得ないこと、不可抗力だった、と国民のほとんどが漠然と理解している。また、現在の大不況はリーマンショックなど主に外来性の(新型インフルエンザのような)ものだと思っている。だが、それはほとんど事実ではない。その誤解は、これまでの政権政党、日銀、財務省のバブル崩壊以降のマクロ政策運営に不当に甘い評価をもたらすものだ(意図的に誘導されてきた疑いが濃い)。

続きを読む >>
| C.政治・政策形成一般 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ