あおもりの在野政策研究者のオピニオン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
自由訳 イマジン
自由訳 イマジン (JUGEMレビュー »)
ジョン レノン,オノ ヨーコ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
地球46億年全史
地球46億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード・フォーティ
RECOMMEND
生命40億年全史
生命40億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード フォーティ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
「少人数学級」は解決策か?
学ぶ力、育む力を信じる教育政策へ(その2)

学校問題の解決策として、少人数学級(30人以下学級)が必要だと言われ続けてきました。しかし、青森県の学校編成にはもっと大きな問題点があり、少人数学級制はその解決策になりません。また、少人数学級制に移行するにはかなりのコストがかかりますので、それを優先するとむしろ問題解決を遠ざけることになります。
続きを読む >>
| B1.教育・文化政策系 | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
先生の負担を減らすこと
学ぶ力、育む力を信じる教育政策へ(その1)

選挙戦のさなか、国レベルだけでなく、県でも市町村でも教育改革がはやり文句になっています。ですが、この国の教育に何が充実し何が不足しているのか、共通の検証はありません。事実のていねいな確認もなく、この国の教育議論はおかしな方向に向かっています。子どもを競争に追いやり、学校では管理を強化することになるらしいのですが、これでは、今起きている問題以上に大きな(国民的な)失敗をもたらすと思います。
産業人材、社会人材を育成するといった観点が強調されすぎています。「生む機械」発言と発想の根っこは同じです。それではかえって、この国、この地域の(潜在的)人材をスポイルするでしょう。そうではなく、子どもが自分で学ぶ力、先生と地域の育む力を信じ、それを支えることが、国政そして県政にとってほんとうの教育課題なのだと思います。
これから何回かに分けて、教育政策について、特に多くの教育改革議論の安直さに異論を投げかけていきたいと思います。
続きを読む >>
| B1.教育・文化政策系 | 18:52 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ