あおもりの在野政策研究者のオピニオン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
自由訳 イマジン
自由訳 イマジン (JUGEMレビュー »)
ジョン レノン,オノ ヨーコ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
地球46億年全史
地球46億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード・フォーティ
RECOMMEND
生命40億年全史
生命40億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード フォーティ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< マネジメント能力が問われる民主党県連 | main | 農家とお医者さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
存在感が急低下する連合、社民、共産
県内各政党のいま〜一連の選挙で見えてきたもの〜(3)

連合青森と民主党との関係の熟度の低さが露呈した一年でもありました。連合青森自身、立ち位置の説明が難しいでしょう。政治玄人的には自明の現世利益志向型の選択だったのですが、いまの有権者はその理解を意識的に拒否する有権者たちです。今後こうした選択はさらに厳しく拒否されることになるでしょう。
連合青森は、社民系とのまた裂きも再燃してしまいました。政治的立場の右顧左眄、組織内不一致などの問題は、連合青森が組織として誠実に地域政策をつめ、自前の政策戦略を確立すること抜きには克服できないと思います。そしてそれができなければ、連合青森の県内政治におけるプレゼンスはさらに小さなものになってしまうでしょう。

社民、共産もまた、全国でも県内でも存在感を急速に低下させてしまいました。社民党は参院選で憲法改正反対を持ち出すことで、安倍政権の陰画になりました。そして、ともに有権者から拒否されました。憲法改正の回避は、安倍政権への不信任(=小沢民主党の勝利)で足りると投票した国民の方がはるかに冷静だったと思います。有権者に先をこされた政党がこの先生き延びる道は険しいでしょう。
その点からしても、参院選に独自候補を出したことが、社民の県内組織の将来にとってプラスであったかはおおいに疑問です。むしろ、これまでの社民支持者が民主党に乗り換えることを自分に納得させる機会になってしまったのではないでしょうか。必然性の感じられない独自候補の擁立と魅力のない選挙活動は、これまでの支持者を不可逆的に追いやる行為であったように思います。そうだとすれば、次はもっと大きく票が減ることになるでしょう。

共産党は、知事選、参院選で「党の存在意義を高めた」と自己評価しています。その論理は毎回驚くほど同じです。毎回疑問に思っていますが、今回はほんとうに共産党にとって危険な事態だと思います。集票力が目に見えて落ちてきているからです。
「自民も民主も同じだ」と共産党が決まり文句で切り捨てようとするとき、有権者に徐々に切り捨てられてしまっているのは共産党の方なのではないでしょうか。
| A1.選挙系 | 02:53 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:53 | - | - | pookmark | このページのトップへ
再処理の再開で 県民に説明は?

29日デーリー東北の投稿を転記

「歴史は繰り返された」

去年の今ごろ、東通村原発を
重要電源開発地点に
指定すべきかどうかについて
国が県の意思を問うていました。
ところが県民を代表する
県議会が審議する前に、三村申吾知事が
「知事としては異議ない旨回答したい」
との文書を議会各派に届け、
問題になりました。

六ヶ所村の再処理工場は
重要な耐震計算をミスし、
それを隠していたことから
試運転は遅れに遅れていました。
その補強工事を終えたので
「再開したい」と二十一日、
国と事業者が三村知事に要請してき、
その日に議員への説明会も開かれました。
二十九日には全員協議会を開催し
県議が意見を交わす段取りでした。

歴史は繰り返されました。
「国と事業者の対応は理解できるので
再開は容認するつもりだ」との考えを、
知事は各県議に文書で伝えたというのです。
二十三日の事です。

すでに結論が見えた事を
わざわざ二十九日に質疑する県議さん、
腹が立ちませんか。
三十日に開催される市町村長会議で
市民を代弁する首長さん、
虚しくないですか。
やはり三十日に開催される
原子力政策懇話会の有識者の皆さん、
自尊心は傷つきませんか。 

さてみなさん、
青森県の主役は私たち県民ですよね。
皆さんにはどんな説明がありましたか。
物分りの良い知事や議員ではなく、
通の県民に何の説明も無いなんて、
おかしいと思いませんか。
原燃賛成の人も反対の人も、
国や事業者に
バカにされていると思いませんか。

         
| 簗田明博 | 2007/08/29 7:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
宮崎vs青森 宮崎vs和歌山 2番勝負
たいへん長らくお待たせいたしました。東国原式ニュースです。本日配信されたニュースによりますと・・・、まずは宮崎vs青森「地鶏対決」。青森県から出場の地鶏は「青森シャモロック」。シャモロック・・・。なんだかすごい名前ですね。シャモロックのやき鳥(砂肝)で
| 東国原式。ひがしこくばるしき。 | 2007/08/30 9:52 PM |