あおもりの在野政策研究者のオピニオン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
自由訳 イマジン
自由訳 イマジン (JUGEMレビュー »)
ジョン レノン,オノ ヨーコ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
地球46億年全史
地球46億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード・フォーティ
RECOMMEND
生命40億年全史
生命40億年全史 (JUGEMレビュー »)
リチャード フォーティ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< 農家とお医者さん | main | 市民の敵か味方か? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
貧すれば凶行に及ぶ
限界ファミリー化を直視したい

今年も年明け早々から、弘前市で、介護者である家族が加害者になり、家庭が凶行現場になる事件が起きた。自己破産に追い込まれていた。
八戸市では、無職の長男が母と弟妹を殺害した。去年の六月には、やはり八戸市でパチンコ店強盗の後、自分の妻子四人を殺害し、警官の職務質問中に自殺するという事件が起きていた。消費者金融に数百万円の借金があった。
犯罪事件が都会ではなく、貧しい私たちの地域で、隣の家で起きている。知人、隣人が加害者になり、被害者になっていく。その多くには、見過ごすことの許されない貧困家族の激増の問題がある。
自殺者が北東北三県でとりわけ多く、凄惨な事件が続くことは偶然ではない。自殺を心の問題としてとらえるだけでは予防できないのだ。この地域では、私たち誰もが急速に限界ファミリーに近づいていることを直視する必要がある。
学業に意欲が持てない、就職に失敗する、長い病をわずらう、そんな不運が重なるときは誰にでもある。いままでは家族と(実は)職場がその避難所になり、再出発までの休憩所にもなっていた。
いま、企業社会はそういう役割をすっかり捨て去った。田舎のあたたかい実家も、格差社会のなかで(特に北東北では)包容力を失った。

そして、それに替わる公的制度はなかなか機能せず、不心得な役人の食い物にはなっても、庶民の支えにはならない。それではと市民自身の手で障害者を支援し、多重債務者を救済する市民ファンドやNPOバンクづくりが各地で進んでいる。
私たちもこの青森でその準備を進めている。しかし、支援する側のNPOセンターも、職員がワーキングプア状態でないのは、名古屋や仙台のセンターなど、全国でもごく一部に限られるのが実情だ。道はまだはるかに遠い。

私は青い森ファンドの運営委員長を務めてきたが、その公開審査や中間報告のワークショップの場で、障害者グループなどの話を聞きながら、まま、泣いてしまわずにはいられない。
この国の現実は厳しすぎ、制度の欠陥は余りに大きい。そのなかで、いつまでも前向きではいられずに、心が折れてしまう人が出たからといって、責めることはとてもできない。

白神山地の向こう側、秋田県藤里町で、我が子と隣の子を死に追いやった若い母親がいた。早くも二年前のことになるが、テレビカメラに向ける彼女のとがった顔が、いまも繰り返し流れてくる。
その表情に、この国のかたちへの強い怒りと絶望の深さを感じる。彼女は、自分が社会的自殺をするために手を汚したのではないのだろうか。
私たちが、幼い彩香ちゃん、豪憲君を気の毒に思い、極刑を求める声に流されるだけで、あの若い母親の陥った情況に思いを寄せなければ、社会の将来を誤ることになるだろう。

                「陸奥新報」2008.01/13(日)掲載
| A3.市民活動系 | 15:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 15:50 | - | - | pookmark | このページのトップへ
すべての人が生活に困窮しないで、本来、持っている優しさを損なわないですむような、世の中を望みます。
望むだけでなくて、私も頑張ります。
私自身、勉強が足りず、社会的な地位も、発言力も、無いですが、私は、最後まで、この方のように、間違いたくはありません。
誰にも間違ってほしくないです。
ここに出会えたこと、感謝しています。
自分のためであって、上手くいけば、もれなく、みんなのためにもなるかもしれない。
結果として、自分の力でなくても、あってもいい。
発言できるだけの勉強が、もう少ししたら確かなものになるかもしれない。
そしたら、どうか、耳を傾けて下さい。


| しょうこ | 2008/04/04 9:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック